セミナー・講演案内(蔭山ゼミナール)

6月19日(日) 第62回蔭山ゼミ



14才からの社会学入門

前回入門的な内容が好評で、今回も基礎的な内容の理解に的を絞ってゼミを進めていきたいと思っています。初学者の方、歓迎です。

今回取り上げるのは、宮台真司『14才からの社会学』です。

・社会学とはどのような学問か?
・「私たち」なき現代で、孤独な「私」はどう生きるべきか?
・目指すべきは、良き労働者?良き消費者?それとも・・・?
・昨日を疑う近代化は、今どこへ向かおうとしているのか?

などなど、14才の中学生に向けて、思春期の子どもが感じるような社会学的テーマを、一つ一つ噛み砕いて議論を進めていきます。

社会学は、ビジネスの必須科目です。この機会に、学びの途へ着いてみませんか?もちろん、初学者でない方も復習にどうぞ。

【課題図書】
『14歳からの社会学 これからの社会を生きる君に』宮台真司(世界文化社) 2008
http://amzn.to/kYjeNM

【日時】6月19日(日)13-18時 終了後、懇親会。

【定員】11名の募集(他予備席2、スタッフ込みで15名)